• BiPPs

くるみんマーク

くるみんマークをご存知でしょうか?これは厚生労働省が認定した「子育てサポート企業」に発行している証です。さらに平成27年からは、くるみんマークのさらに上のプラチナくるみん認定も始まっています。くるみんマークを受けた企業は厚生労働省のホームページで紹介されています。就活の学生や社会へのアピールとして申請する企業が増えているのです。ではどのようにすればくるみん認定を受けることができるのでしょうか?

まず、次世代育成支援対策促進法は常時雇用する労働者が101人以上の企業は、労働者の仕事と子育てに関する一般事業主行動計画を策定し、外部へ公表、労働者へ周知するとともに、策定したむねを都道府県労働局に届け出る義務を定めています。一般事業主行動計画の策定は厚生労働省のホームページに記載されていますのでご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/jisedai.pdf

このように、一般事業主行動計画を実施後に都道府県労働局雇用環境・均等部に申請することによりくるみんマークを取得することができるのです。

それでは、くるみんマークを取得すると企業にとってメリットはあるのでしょうか?

一つは税制上の優遇があります。くるみん認定を初めて受けた年には資産の割増償却ができるのです(プラチナくるみんの場合は3年間)。

厚生労働省の山形労働局が平成28年に行なった調査では、くるみんマークを取得した企業の9割がその効果を実感しています。具体的には、2割ほどが会社のイメージアップにつながったと回答しており、会社の雰囲気が良くなったとか、同業他社との差別化が明確になったとかいう回答が続きます。

また京都産業大学の菅原研究室が行なった調査では、全国のくるみんマーク取得企業150社にアンケートを行い、23社から回答を得ています。この調査でも同様にもっとも効果を感じたのは企業のイメージ向上となっています。他にも従業員の定着や優秀な人材の確保が可能となったという回答も多くみられます。くるみんマーク取得に際して最も困難だと感じたのは、男性育児休業取得の要件を満たすこと、でした。

このように、障壁はあるものの、クリアすれば企業のイメージアップにつながり、就活生へのアピールとなり、従業員の満足度もアップしそうです。

ぜひ、くるみんマークを取得しましょう!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康診断

労働安全衛生法第66条1項では、事業主は労働者に対して医師による健康診断を行わなければならないと定めています。この健康診断についてまとめたいと思います。 まず一般健康診断ですが、次の11項目が含まれます。 1. 既往歴、業務歴の調査 2. 自覚症状、他覚症状の有無の検査 3. 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査 4. 胸部エックス線検査、喀痰検査 5. 血圧の測定 6. 貧血検査 7. 肝機能検査

衛生委員会

常時50名以上の労働者を使用する事業場では衛生に関することを調査審議し事業者に意見述べるために衛生委員会を設置しなければなりません(労働安全衛生法第18条)。 この衛生委員会の要点を、厚生労働省のウェブから抜粋し箇条書きでまとめたいと思います。 1. メンバー A. 総括安全衛生管理者またはそれ以外の者で、当該事業場において事業の実施を統括管理するもの若しくはこれに準ずる者 1名(議長) B.

産業医の職務

従業員の数が50名以上の企業では産業医を選任しなければなりません。 産業医の職務は、概念的には3管理と呼ばれています。3管理とは、健康管理、作業管理、作業環境管理のことです(総括管理、労働衛生教育と加えて5管理とされることもあります)。 作業管理とは、作業方法そのものの管理になります。例えば、できるだけ健康を害さないような作業方法を提案し、それが適切に実施させるように管理することをさします。具体的