• BiPPs

自閉スペクトラム症の得意不得意

最終更新: 2019年6月30日

自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)とは社会コミュニケーションの質的障害および反復的常同的行動を中核症状とする発達障害です。この診断名および診断基準は2013年にアメリカ精神医学会から発行されたDSM-5で規定されています。そこで定められている社会コミュニケーションの質的障害とは、

1. 社会的で情動的な相互作用の欠如:具体的には会話のやりとりができなかったり、感情や興味を共有することができなかったり、会話をうまく始められなかったりと言ったことが挙げられます。

2. 非言語的なコミュニケーションの障害:言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションがうまく噛み合わなかったり、視線が合わなかったり、ジェスチャーをうまく使えなかったり理解できなかったりという例が挙げられます。

3. 対人関係を構築し、維持し、理解し合うことができない:同僚に興味を持てなかったり、友達ができなかったりします。

一方で反復的常同的行動とは、

1. 同じ動き、同じものを使う、そして同じ話し方をする

2. 変化への対応の乏しさ、ルーチンへの柔軟性を欠いた執着、儀式的行動

3. 興味の限局と限局

4. 感覚過敏・鈍麻

と定義されています。

ここに記載されていないけれどしばしば問題になるのは、本人は良かれと思ってしたことが相手にとっては迷惑だったり気分を害したりするという出来事です。これは相手の気持ちを理解しきれていない、想像力あるいは心の理論の問題と感がられます。

研究によって多少ばらつきますが、概ね100人に1人がASDの診断基準を満たすと考えられています。さらに、診断には至らないもののASD的な特性を持っている人はさらに多いと報告されています。

また、反復的常同的行動は多くの場合に大変な症状ですが、時にはいい方向に働くこともあります。例えば、数字に大変強くて、数学が得意になったり、プログラマーになったり、トレーダーになったり、難関資格をとったり、あるいはこだわりの製品を作ったりと発展しうるのです。

裏を返せば、第三次産業に限らず労働者に求められている能力と反復的常同的行動は表裏一体なのです。そして、反復的常同的行動と社会コミュニケーション障害は独立しておらず(無関係ではなく)、相関していると考えられています。それなのに、社会コミュニケーション能力は高くなければならないのです。このアンバランスさが労働者のストレスとなり企業の生産性を下げているのではないでしょうか。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自尊心とプライドの複雑な関係

自尊心が高いがプライドが低い、というと一見何を言っているかわかりにくいですよね。 でも言い間違いではないんです。自尊心とプライドは似ていますが、異なるものなのです。ふたつはどのように違って、それぞれどうすれば健康でいられるのかご説明します。それを理解することで、仕事のパフォーマンスがあがり、人から好かれるようになります。 自尊心とは、文字通り、自分を尊重する心のことです。それは、他者からの評価では

ASDとADHDの合併

自閉スペクトラム症(ASD)は全人口の1%程度が診断を満たす発達障害で、中核症状は社会コミュニケーションの障害と反復的常同的行動です。注意欠如多動症(ADHD)は注意・集中力・オーガナイズ力に問題があり、また過活動・衝動性もその中核症状をなしています。これら中核症状は全く異なる二つの疾患ですが、実は類似している点は多いのです。遺伝子研究では部分的に共通した異常が認められていますし、脳画像研究では脳

知能の得意不得意

知能指数(IQ)という言葉をしばしば見かけるようになりました。メディアで見かけるIQは高ければいいかのような表現ですが、実際にはそこまで単純ではありません。IQの測定法として最も妥当性が高いと考えられているのはウェクスラー成人知能検査(WAIS)と呼ばれているものです。WAISのフルスケールスコアと呼ばれているものが俗にいうIQです。ただ、WAISにはフルスケールの下に14個の下位検査があり、それ

Copyright ©2020 BiPPs inc. All Rights Reserved.
  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン